ホ・オポノポノの考え方についてはすでに基本カテゴリで紹介しています。



⇒パニック障害と全般性不安障害とホ・オポノポノ



ここでは実際に私がホ・オポノポノやった理由や、実際にホ・オポノポノを行ってみた感想についてまとめてみました。


ホ・オポノポノをやろうと思ったきっかけ

ホ・オポノポノをやろうと思ったきっかけは、お世話になっていた鍼灸師の先生が会話の中で何気なくホ・オポノポノに触れていたことがきっかけです。



鍼灸院に行く前日に、私は友人Mと電話で話をしていたとき、「君はアダルト・チルドレンだと思う」と言われており、友人Mからインナーチャイルドの話をされていました。



アダルト・チルドレンとは、簡単に言うと子供の頃の環境や経験が元で、心が育っていないことを言います。



ホ・オポノポノの感想私は子供の頃の環境が影響して、おとなになっても『愛』というものがイマイチわかっていませんでした。なので愛することに臆病になり、人に頼ることを恐れる思考を無意識で形成していました。



当時私はかなり症状がひどく、鍼灸院に行くのもメチャクチャ苦労していた時期でした。その頃の私は思考の癖がものすごく強く現れていました。



友人Mは私の思考の癖は子供時代のことが影響していると指摘したのです。



そんな友人Mとのやりとりについて鍼灸院で話したところ、「そう言えばハワイの解決方法にインナーチャイルド云々っていう方法がありますね」と教えてくれた、それがホ・オポノポノです。



ホ・オポノポノのことを聞いて、「一度どういうものか読んでみたいな」と思い、ネットですぐに注文しました。


ホ・オポノポノって宗教?

ホ・オポノポノの感想2数日後に手元に届いたホ・オポノポノの本を読んでみてすぐに思ったことは「仏教観にすごく似ている」ということです。



私はほんの少しですが仏教を学んでいたことがあるので、ホ・オポノポノの感覚ややり方はすぐに納得出来ました。



人は意識の下に無意識があり、その下にはさらに大きな無意識下が広がる。その大きな無意識下の下には全てにつながる世界が広がっているという考え方です。



しかし、完全に仏教オンリーの考え方というわけでもありません。



キリスト教の方にもホ・オポノポノを捉えやすくしてもらうために「ありがとう」「ごめんなさい」「許してください」「愛しています」という4つの言葉を発するという方法が編み出されました。



この4つの言葉を発するというやり方は簡単であるため、キリスト教を信仰していない方の間でも広まるようになりました。



ホ・オポノポノの感想3というわけで、ハワイで生み出されたホ・オポノポノは宗教ではありません。昔から伝わる伝統的な解決方法で、世界中で実践されている方法です。



一度本を読んでみればわかりますが、基本的にやり方は簡単です。そして「なんで自分がこんな目にあっているんだろう・・・」という思いがある方は、なおさら理解しやすいと思います。



まぁ最初は「それは間違っている!納得出来ない!」って反抗する方もいるとは思いますが、そういう方でも最後にはホ・オポノポノに戻ってくるんじゃないかなと思います。


実際にホ・オポノポノをやってみた感想

ホ・オポノポノの感想4この時期は最初のパニック発作から一年後以降のことですので、このころはパニック障害の症状(突発的なパニック発作)はあまりありませんでした。



しかしながら全般性不安障害の症状がとてもひどく、広場恐怖や予期不安はかなり強く出ていた時期です。



ホ・オポノポノを始めたのはこの頃でしたが、ホ・オポノポノをずっと続けていると少しずつですが、不安や恐怖の中にも「大丈夫だ」という気持ちが自覚できるようになってきました。



強がりや虚勢ではなく、心の底から「きっと大丈夫」という自信を感じれるようになってきたのです。



『みるみる回復していった!』という感じではありませんが、真っ暗闇の中に光明が見えるというのはかなり大きな前進ですし、大きな安心感を得ることができます。



ホ・オポノポノを始めてから散歩にも楽しみを見出すことができましたし、私には感覚が乏しかった『愛』がなんとなく理解できるきっかけにもなりました。



ホ・オポノポノの感想5人生は楽しいものであり、自分は生きていてよかったんだということに自ずと確信が持てるようになったのも、ホ・オポノポノがきっかけです。



パニック障害や全般性不安障害の症状で打ちのめされた時期に、このような気持ちを持てるようになったのは、やはり私の場合は思考の癖を改善できたからだと言えます。



そのキッカケを与えてくれたものの一つは間違いなくホ・オポノポノです。



ホ・オポノポノは自身の中にある『問題』を解決するための方法ですので、実行をした人それぞれ効果の感じ方が違います。



『今』を作り出している過去の記憶というのは、人それぞれ違うからです。



ただ共通して言えることは、ホ・オポノポノを実行し続けていれば必ず問題の突破口は開けるということです。これは多くの方が話していることですし、私自身が実感できたことです。
[adarea]