バランスを知る

バランスが大事パニック障害や全般性不安障害を治す上で「バランス」も重要になります。そもそも人間にはバランスを保つ機能が備わっています。また、バランスによって心身の機能が正常に動いています。

 

体を酷使しすぎると体が壊れてしまいます。スポーツ選手が無理をして体を壊すということはよくあります。もちろんスポーツ選手以外の方でも往々にして体を壊すことがあります。

 

反対に、体を動かさないと体の機能はどんどん低下します。骨折をしてギプスをはめていたら、その部位の筋肉が驚くほど低下することは常識です。

 

精神も同じで、強い不安や強い精神的圧迫が続くと精神が疲弊します。過労によるストレスが原因でパニック障害や全般性不安障害になった方も多いと思います。

 

だからと言って、まったく刺激のない環境にいると、こちらも逆にストレスを感じてしまいます。退屈な環境が続くことでやる気をなくし、生きる気力も低下することは知られています。

 

このように、人間は心身ともに『バランス』というものの上に成り立っています。

 

 

スポンサードリンク

バランスを考えて治すことも大事

バランス大事2パニック障害や全般性不安障害になっているということは、すでに心のバランスや体のバランスが崩れている状態です。それも著しくバランスが崩れています。

 

パニック障害や全般性不安障害の治療方法は、いろんな方法を同時に使って徐々に治していくのですが、その『方法』の中には体や心に「ストレス」を与える治療方法があります。

 

例えば『認知行動療法』です。認知(=考え方や捉え方)を変えて、行動(=苦手を克服)するという、パニック障害や全般性不安障害の有名な治療方法ですが、精神的にストレスになることもあります。

 

この治療方法は、行う時期などを見極めないとかえって大きなストレスとなり、余計にバランスを崩しかねません。

 

『運動』もパニック障害や全般性不安障害の克服に大きく貢献する方法なのですが、無茶をするとかえって大きな負荷になる可能性があります。

 

しかし体を休めている方法ばかりを選択していると、逆に心身の機能が低下することも事実です。つまりバランスを考えることがとても重要になるのです。

 

バランスをとりながら、今できることを少しずつやっていけば、波はありますがパニック障害や全般性不安障害は回復していきます。

 


スポンサードリンク


基本カテゴリの記事一覧こちらから
ブログカテゴリの記事一覧⇒只今作成中m(_ _)m
すべての作成記事一覧サイトマップから
(サイトマップ内は、基本カテゴリとブログカテゴリの分別はされていません。)

サブコンテンツ

このページの先頭