役所の精神健康福祉

役所では、精神保健福祉相談という窓口があります。(市町村によってその名前に若干違いがありますが、だいたいどこの市町村にもあります。)

 

パニック障害や全般性不安障害の症状があるために生活の質が低下すると、生活をする上で数々の問題が生じます。生活上の問題、お金の不安などです。

 

 

スポンサードリンク

役所はいろいろ助けてくれます

役所の精神健康福祉自立支援の申請方法を細かく教えてくれたり、パニック障害や全般性不安障害の症状を治すための専門家(医師やカウンセラー)を紹介してもらったりすることができます。

 

また、相談することで今まで思いもつかなかったような、有用で素晴らしい情報を教えてくれることもあります。

 

税金の一部免除や全部免除制度があれば教えてもらえますし、今税金が払えないというのであれば猶予制度についても教えてもらえます。

 

自分一人で悩んでいると解決方法が見えないことも多々ありますが、役所の相談窓口では各種手続きを始め、さまざまなフォロー体制が整っています。

 

役所に行けないのであれば、電話で相談することも可能です。特に、税金などが払えないのであれば、早めに相談しておかないと延滞料などが加算されることもありますので注意してください。

 

役所に相談しても解決できない内容

役所の精神健康福祉2ただし、注意しなければいけないことが一つあります。市役所の精神保健福祉相談では、パニック障害や全般性不安障害を治す治療をしてくれるわけではありません。

 

「パニック障害や全般性不安障害の不定愁訴が辛くて、どうしたらいいですか?」と相談しても、職員の方は治療方法を提示できません。

 

パニック障害や全般性不安障害の治療の専門家は医師であり、整体師や鍼灸師であり、カウンセラーなのですから。

 

役所の精神健康福祉相談窓口では「パニック障害や全般性不安障害の症状が辛くて働けない」、「外出のリハビリをしたいが手近なデイケアなどはないか」など、パニック障害や全般性不安障害で下がった生活をフォローするための方法や相談が可能です。

 

その他にも「パニック障害や全般性不安障害に対して家族の理解がない」という相談にも対応してくれます。

 


スポンサードリンク


基本カテゴリの記事一覧こちらから
ブログカテゴリの記事一覧⇒只今作成中m(_ _)m
すべての作成記事一覧サイトマップから
(サイトマップ内は、基本カテゴリとブログカテゴリの分別はされていません。)

サブコンテンツ

このページの先頭