心に現れる様々な症状

全般性不安障害になると体に様々な症状が現れます。まず、病名にもある通り、不安の感情が多岐にわたって喚起される『心理的』症状があります。

 

「もし○○だったらどうしよう」「もし○○になったらどうしよう」など、様々なシチュエーションでマイナスなイメージが先行します。不安だけでなく恐怖が心を支配するようになることもあります。

 

心に現れる症状健康な人であれば、そのストレスに対してある程度対処できるのですが、全般性不安障害になると大小様々なストレスに対処できずに心に重くのしかかります。

 

不安が不安を呼び、それが恐怖となることもあります。いろんな行動に制限がかけられ、身動きがとれなくなり、不安と失意に押しつぶされそうになることもあります。

 

 

スポンサードリンク

全般性不安障害は医師が認めたれっきとした『精神疾患』

全般性不安障害は『病気』に分類されることからも分かる通り、「気の持ちよう」だけで回復できるものではありません。「気の持ちよう」でストレスをコントロール出来る段階は過ぎています

 

心に現れる症状2ある段階まで全般性不安障害が治ってきたら、「気の持ちよう」や「こんなもんなんだ」という割り切る心を重視することも必要なことですが、最初のうちは『割り切る心』よりも心境や感情や思考を具体的に把握して対処することが必要になります。

 

「もし○○だったら」とマイナス思考で考えてしまう癖があるのなら、マイナスイメージだけでなくプラスイメージも存在していることを強く意識し、可能ならプラスイメージを紙に書いて整理するということも必要になります。

 

不安以外の症状

不安や恐怖以外にも全般性不安障害の精神的な症状があります。イライラや焦燥感、悲壮感や虚無感なども心の症状として現れることがあります。

 

これらの症状は、思考の癖を知り思考の癖を改め、栄養バランスを考え必要な栄養を摂取し、運動の重要性を学び自分に合った運動をして、環境を客観的に見つめて自分に合った環境を整えれば、必ず快方に向かいます。

 


スポンサードリンク


基本カテゴリの記事一覧こちらから
ブログカテゴリの記事一覧⇒只今作成中m(_ _)m
すべての作成記事一覧サイトマップから
(サイトマップ内は、基本カテゴリとブログカテゴリの分別はされていません。)

サブコンテンツ

このページの先頭