最悪の嘔吐症状を回避

初めての鍼灸治療吐き気に襲われほとんど食事が摂れない生活になってから一週間、不安や恐怖に襲われる状態が続き「なんとかしないと・・・」という思いから、ネットで色々調べてみると、『鍼灸治療が良い』という情報が結構出回っていることに気が付きました。



鍼灸治療は東洋医学の考え方をもとにした、東洋が誇る治療方法です。



病気になるまで鍼灸など頭の片隅にもなかったのですが、この時は「どんなものでも治る可能性があるのなら」と、藁にもすがる思いで鍼灸院に予約の電話を入れました。



この鍼灸院は電車で三駅の場所にある鍼灸院でした。・・・予約した時はまだ頑張れば電車に乗れると思っていたんですねぇ。


 

スポンサードリンク

いざ、鍼灸院へ!

初めての鍼灸治療2予約をした当日、いつもどおり頑張って電車に乗ったのですが、いつもの予期不安の症状に加え、胃腸の気持ち悪さから嘔吐恐怖の症状まで出たため、死ぬほどキツかったのを覚えています。



目的の駅に着いた時にパニック発作を起こし、ベンチにへたり込みました。



本気で救急車を呼ぼうかと思ったのですが、「鍼灸院の予約をしているし、鍼灸院に行けば治るかもしれないし・・・」などと考え、這々の体で鍼灸院まで行きました。



この鍼灸院で簡単な問診を行った後、鍼灸の先生に診てもらったところ「首肩背中がものすごく凝ってますね」と言われました。



初めての鍼灸治療3診察と鍼灸による治療をしてもらい、治療が終わる頃にはかなり体調がマシになっていました。「鍼灸ってすごい!」と感動して鍼灸院を後にしました。



帰宅の電車の中では、やはり予期不安や緊張感と嘔吐恐怖の症状がありましたが、鍼灸院に行く時ほどの最悪な状態にはなりませんでした。



とは言え、一度の鍼灸で劇的に回復するようなことはもちろんなく、不安症状や嘔吐の症状は帰宅したらぶり返しちゃいましたけどね(;^ω^)。



ただ、鍼灸による治療がとても効果があるということを知ることはできました。電車の行き帰りという巨大なストレスがなければ、鍼灸の効果は相殺されず継続していたと感じましたから。


自宅近くの鍼灸院へ!

初めての鍼灸治療4この教訓を踏まえて、今度は家から近い鍼灸院を探すことにしたのです。すると家から自転車で10分の場所に鍼灸院があることがわかりました。



なぜ一番最初に調べた時にこんなにも近くにある鍼灸院が見つからなかったのか。それは、この鍼灸院がホームページを持っていなかったからです。



インターネットでの検索で何でも調べることができると思っていたのですが、鍼灸院側のホームページがなければネットで検索してもなかなか出てきませんからね。



というわけで、すぐにこちらの鍼灸院に予約を入れました。もちろんこの間も私の予期不安や嘔吐恐怖は進み、体重の減少は続いています。



初めての鍼灸治療52011年にパニック発作を発症して以降、認知行動療法なども交えてなんとか踏ん張ってきた私でしたが、嘔吐恐怖症を発症したこの時期を境に、「病気に打ち勝ってやる!」という気力はごっそりと削げ落ちました。



まぁパニック障害や全般性不安障害の場合、病気に打ち勝つという姿勢ではなかなか良くはならないと思うので、これはこれで良いキッカケだったとは思います。



最低最悪の状態は間違いなかったですけどね!



私のパニック障害および全般性不安障害の『本当の克服記』はここから始まったと思います。



★当カテゴリ内でこの記事の前(次)を読む
前:⇒嘔吐恐怖になった理由
次:⇒鍼灸治療ってすごい!


★『発症から回復まで』のカテゴリを最初から読む
最初:⇒発症のきっかけとなった日

スポンサードリンク


基本カテゴリの記事一覧こちらから
ブログカテゴリの記事一覧⇒只今作成中m(_ _)m
すべての作成記事一覧サイトマップから
(サイトマップ内は、基本カテゴリとブログカテゴリの分別はされていません。)

サブコンテンツ

このページの先頭