漢方について漢方薬は穏やかに作用します。抗うつ薬や抗不安薬の服用に躊躇される方や、副作用が気になる方は漢方薬の服用を選択することもできます

 

体に合う漢方薬を服用すれば高い効果を感じる方も多くいらっしゃいます。ただ、漢方薬は抗うつ薬や抗不安薬のような、画一的な処方では効果が合わないこともあります

 

一般的な心療内科で処方される漢方薬は、成分が一定量配合された『エキス顆粒』タイプの漢方薬が多いです。代表的なものがツムラの漢方です。

 

しかし本来漢方とは、個人個人の体質や体の状態に合わせていくつかの生薬を配合して作られるものなのです。ツムラの漢方は成分量が決まっています。つまり、エキス顆粒タイプという時点で漢方の考え方からズレているのです。

 

こういったズレが生じたのは、西洋医学の考え方で漢方を扱おうとしたことと、東洋医学で行われる診断過程を少しでも簡略化するという考えが原因です。

 

自分に合う漢方薬の処方を受けるには

本当に自分の体に合った漢方を処方してもらいたいと考えるのなら、生薬から漢方を調合してくれる漢方薬局や鍼灸院や漢方医のいる病院(生薬からの調合が可能かどうかの確認は必須)で処方してもらうしかありません。

 

漢方について2ただ、漢方薬の調合は健康保険の適応外になることもありますので、漢方薬に知識があり、東洋医学の診断で証を見る(東洋医学のやり方で体質や症状を見ること)ことができる漢方内科や漢方精神科で診断を受けると良いと思います。

 

これならエキス顆粒タイプのものでも大きく効果が外れるということはありませんし、効果的に漢方を服用することができます。

 

西洋医学の知識しかない心療内科では、ただ単に患者の症状を見て漢方薬の処方をしているところが非常に多いので、漢方薬を服用しても当たり外れが多くなります。

 

なお、漢方薬も副作用はあるのですが、パニック障害や全般性不安障害で処方される漢方の生薬の種類を見る限り、基本的にそれほど副作用を心配する必要はありません。

 

[adarea]