サプリ服用時の注意パニック障害や全般性不安障害を治す過程で、できれば栄養医学を扱っている病院で血液検査などを受けて、足りていない栄養素を確定させ、必要に応じたサプリメントを服用すべきです。

 

しかし、栄養医学を扱っている病院は非常に少ない上に保険がききません。血液検査だけで2万以上かかりますし、月々のサプリメント費用は2~3万円にもなります。

 

ほとんどの方は専門の病院で栄養についての血液検査をするのは、病院が少ない上に金銭的にも難しいです。

 

ですので、各自の自己責任のもとでドクターズサプリを通販で購入して使用するという方法を選択する方が多いと思います。

 

ちなみに、栄養医学を扱っている病院で検査をした方でも、病院で処方されるサプリメントが高いために、各自でドクターズサプリを取り寄せているという方もいます。

 

サプリ服用時の注意2また、医学者向けですが、栄養医学的治療を行っている病院の先生(日本人)が書かれた本もあります。それを参考にドクターズサプリを利用するという使い方もあります。

 

自己責任での使用になるため、少々怖いと感じるところもありますが、日本政府が定めた栄養摂取上限量と比較すると意外と問題のないことがわかります。

 

食事から摂取できる栄養量は少ない場合も多いため、きちんと栄養素の量を把握できれば、ドクターズサプリを摂取していても日本政府が定めた上限摂取量を案外超えないことがわかります。

 

もちろん人それぞれ体質が異なりますから、サプリメントで栄養素の大量摂取をする場合は自己責任ということは変わりありません。

 

ドクターズサプリを飲むときは

サプリ服用時の注意3ドクターズサプリを服用するときは、はじめは一日のサプリ摂取量の半分以下から飲むようにしましょう。大量の栄養量に慣れていないため体がびっくりするからです。
 
ドクターズサプリの摂取量については別ページ(⇒こちら)で紹介しています。
 

分子整合栄養医学の医者の裁量によっては長い人は一年ほど摂取を続けるのですが、医者の検査が受けれない環境にある方は、体の具合が少し良くなったら摂取量を減らすようにしましょう

 

サプリメントの服用に不安がある方は、日本政府が制定する上限摂取量を超えない範囲でサプリメントの量を調整するようにすればよいかと思います。

 

詳しくはサプリ服用時の注意を見てください。

 

飲んでいる薬との同時服用ができない場合もあるため、精神科の医師にドクターズサプリの栄養素が書かれた一覧表を渡して、飲み合わせが悪い栄養素はないか聞いておくと安心です。

 

[adarea]