栄養の上限摂取量とドクターズサプリの比較

サプリメントの含有量との比較
摂政府の推奨取上限量 推奨摂取量 ダグラス社
栄養素 男性 女性 ()は医師の処方 UPX
ビタミンA

レチノール当量

2,700μg 2,700μg 1.500μg
ベータカロテン 6,000μg
ビタミンD 100μg 100μg 25μg
ビタミンE 800mg 650mg 400mg 268mg
ビタミンK
ビタミンC 3000mg 1,400mg
ビタミンB1

(チアミン)

150mg以上程度

(100mg
~500mg)

100mg
ビタミンB2

(リボフラビン)

150mg以上程度

(50mg
~500mg)

50mg
ナイアシン 300mg 250mg 150mg以上程度

(100mg
~3,000mg)

ナイアシンアミド

190mg

パントテン酸 150mg以上程度

(100mg
~700mg)

500mg
ビタミンB6 ピリドキシン
換算
55mg
/米国
100mg
ピリドキシン
換算
45mg
/米国
100mg
150mg以上程度

(100mg
~500mg)

100mg
ビタミンB12 150μg以上程度

(100μg
~2,000μg)

250μg
葉酸 900μg 900μg (400μg
~800μg)
800μg
ビオチン 300μg
カルシウム 2,500mg 2,500mg 1300mg 500mg
マグネシウム 650mg 500mg
カリウム 2.000mg
~3.000mg
99mg
ナトリウム 食塩
8.0g未満
食塩
8.0g未満
リン 3,000mg 3,000mg
亜鉛 45mg 35mg 30mg
~60mg
25mg
セレン 460μg 350μg 200μg 200μg
10mg 10mg 2mg
50mg 40mg 貧血の程度に応じて
クロム 200μg 200μg
マンガン 11mg 11mg 10mg
ヨウ素 3,000μg 3,000μg
モリブデン 550μg 450μg
= 脂溶性ビタミン
= 水溶性ビタミン
= 多量ミネラル
= 微量ミネラル

ビタミンAはレチノール当量とベータカロテンの2つを分けて表示している場合が多いです。

 

レチノール当量とはビタミンAそのもののことで、ベータカロテンとはビタミンAの元になる栄養素です。ベータカロテンは大量に摂取しても副作用はないと言われています。

 

海外のサプリメントは総じてビタミンAの含有量が高いです。しかし、サプリメントといえども表示されている量のすべてが体に吸収されるわけではありません。

 

栄養の上限摂取量とドクターズサプリの比較2サプリメントに書かれている含有量は「含まれている量」であって「体内に吸収される量」ではないのです。

 

UPXの場合でも、ドクターズサプリですので吸収率は高いですが、吸収率が100%ということはありえません。

 

現にUPXであっても「食後にサプリを摂取すると吸収率が2~4倍に上がる」とホームページに書いているくらいですから。

 

ですので、ビタミンAをサプリで摂取する場合、一つのサプリからなら問題はないと言えます

 

日本政府が推奨するビタミンAの摂取量は男性で850μg、女性で700μg。この数字を下回ると健康に被害が出るとしています。つまりは最低摂取量。

 

日本政府が設定するビタミンAの上限量は男性で2,700μg、女性も2,700μg。

 

日本政府が推奨するビタミンAの最低摂取量に1.5倍ほどが適正だと仮定すると、男性で1,275μg、女性で1,050μgが適正量と仮定できます。

 

ダグラス社のUPXに含まれるビタミンAの量は1,500μgで、しかも吸収率が100%ではないのですから、80%が吸収されるとすると1,200μgになります。

 

これに普段の食事から摂取される量を加えても、ビタミンAの総量はそう増えるわけではないことがわかります。

 

栄養の上限摂取量とドクターズサプリの比較ちなみに、ベータカロテンの吸収率は10%~30%ですが、体がビタミンAを必要としない場合はベータカロテンはビタミンAに変わりません。日本政府がベータカロテンに推奨摂取量や上限量を設定していないのはこのためです。

 

UPXでは、ビタミンB6に関してアメリカの上限摂取量を目安に作られています。日本政府が設定する上限摂取量をオーバーしているように見えますが、日本政府はピリドキシンで設定しています。

 

UPXに含有されているビタミンB6は、ピリドキシン単体ではなく複合体です。アメリカの米国食品医薬品局ではビタミンB6の摂取上限量を100mgとしています。

 

米国食品医薬品局のビタミンB6の摂取上限量の設定がピリドキシン単体かどうかはわかりませんが、含有量から考えるとおそらく複合体での摂取上限量だと思います

 

ダグラス社の『UPX』(外部サイト:楽天市場へ)

 

ドクターズサプリを服用する場合は上記の栄養量を参考にして、食事内容と照らし合わせながら自己責任で摂取するようにしてください。

 


スポンサードリンク


基本カテゴリの記事一覧こちらから
ブログカテゴリの記事一覧⇒只今作成中m(_ _)m
すべての作成記事一覧サイトマップから
(サイトマップ内は、基本カテゴリとブログカテゴリの分別はされていません。)

サブコンテンツ

このページの先頭