違法ドラッグや危険ドラッグが体に悪い影響を与えることは知られていますが、同様に精神にも悪い影響を与えます。

 

パニック障害や全般性不安障害の症状として現れる不安や恐怖などの精神的な症状も強く発現させます。

 

違法・危険ドラッグは脳と心を壊す

違法・危険ドラッグは体と心を壊す2ドラッグに含まれる成分は脳内で作用して、興奮や多幸感などを司るドーパミンという快感物質を強制的に放出させます。ギャンブルなどの依存症とも関係のあるホルモンです。

 

しかし、ドーパミンは報酬系のホルモンとも呼ばれ、ご褒美があるから頑張れるという『やる気』を引き出すホルモンでもあります。

 

間違えないでほしいのは、ドーパミンは生活の中で上手に使えば、気持ちを向上させてやる気を起こさせる、とても素晴らしいホルモンとして働くということです。

 

快楽や報酬を自分の感情でコントロールできる分には、ドーパミンは生活の活力を与えるホルモンとして働きます。

 

違法・危険ドラッグは体と心を壊すですが、違法ドラッグや危険ドラッグの使用によって何度の強制的に放出させると、強烈な興奮や多幸感が簡単に得られる方法に脳と心が徐々に奪われてしまいます。

 

脳が強烈な快楽を覚えてしまうため、依存から抜け出せなくなるのです。

 

自分がコントロールできる通常の範囲を超えてドーパミンが放出されると、体内のホルモンのバランスは完全に崩れます。その結果、倦怠感や疲労などの肉体的な影響に加え、焦燥感や絶望感などの精神的な影響が現れます。

 

依存から快楽を求め、違法ドラッグや危険ドラッグで強制的にドーパミンを大量に放出させると必ず反動がきます。そしてその反動は繰り返しの中で大きくなっていきます。

 

薬の中にもドーパミン作用の薬がある

違法・危険ドラッグは体と心を壊す3実はパニック障害や全般性不安障害の処方薬の中に、ドーパミンに作用する薬も存在しています。しかし違法ドラッグや危険ドラッグに比べるとドーパミンに作用する力はかなり弱いです。

 

違法ドラッグや危険ドラッグは、ドーパミンに暴力的に作用するため確実に体内のバランスが崩れます。

 

体内のバランスが崩れると肉体や精神のバランスも崩れ、さまざまな病気に加えてパニック障害や全般性不安障害をはじめとする精神疾患を発症します。

 

パニック障害や全般性不安障害の症状が確実に悪化しますので、絶対に違法ドラッグや危険ドラッグには手を出してはいけません。

 

[adarea]